無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ 2005年07月
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
さてさて,
いろんな事情でウエディングドレス1点のみで披露宴に臨まないといけない・・・
ところまでは前回書きました。

せっかくの花嫁さんをもっと輝かせてあげたい!

プランナーならそう思いますよね・・・。
こんな時どうされてますか?


は~い!ドレスチェンジができなければ、ヘアチェンジ・フラワーチェンジをお薦めしてると思います。

GOOD JOB!
ここまでは、OKですよね。
今回は、これを演出の一つにしましょう!ってことなんです。

①早代わりヘア&フラワーチェンジ

これは扉が複数ある会場が効果的です。僕が実行したのは、ホテルの会場でした。その会場はメインの扉の左右に扉がありました(計3個ですね)お色直し中座の時花嫁さんは、お母様と退場します。出口向かって右側の扉から退場です。ロビーにはヘアメイクが数人待機しています。
ベールをはずし、ヘアを完全にチェンジし、ドレスにはフラワーアレンジ・・・これをやっている間に司会より新郎も中座するアナウンス・・・そして新郎が出口正面の扉に近づいたら、照明を暗転させスポット&MusicIN♪でドアオープン!

そこには同じドレスとは思えない花嫁さん

この間時間にして3分くらい

ビックリした花嫁さんのお友達と、どよめき・・・そして拍手喝采♪
これならホストがメイン席にいないのは数分、しかもサプライズ。
拍手の中お二人はゲストテーブルの前まで来て向き合ってもらい
花嫁さんは新郎さんのブートニアをそっと差し替えてあげます。
ドレス一点追加より安くて、そして楽しいサプライズになりますよ。
もちろんレストランでもOKです。
わざとお庭が見えるテラスから退場してもらいます。
会場内ではガラス越しに花嫁さんが歩いているのが見えます。
そして会場出入り口付近角を曲がって花嫁は見えなくなる・・・
そして数分後その扉からまったく違うアレンジ(に見える)花嫁さんが登場!
楽しいですよ♪

ただこの演出を理解してくれて、企画力や技術力があるヘアメイクさんがパートナーさんでないと出来ないです。
でもメイクさんは、素晴らしい技術をもってらっしゃいます。
また、発表の場を求めていたりしていることもあるのです。
そういった、コーディネート力を引き出してあげたり、パートナーさんの情報やプレゼンを聞き出してあげるのもプランナーの役目だと思います。

①と書いたので②もあります。
また見に来てください・・・(^^)/
続きを読む
スポンサーサイト
記事編集
最近になりやっとお客様自身が、ハリボテハウス系の実態に気づいてきたのでしょうか?
レストランウエディングを希望される方が増えているようです。
ハウス系の実態、なぜそんなに高いのかは、また次回にしましょう。

さてレストランウエディングでの衣裳ですが、ドレスショプの提携店以外であったり
あまりにも披露宴にそぐわない(どうみての二次会会場でしかない)
場合レンタルを断られる場合もあります。
会場によっては、プリンセスラインなんてとても着用できないところもあります。
そうなるとAラインやマーメイドラインで、しかもあまりトレーンの長く無い
ドレスに限定されてしまいます。
白ドレスならともかく色ドレスになるとかなり枚数に限りはあるでしょうね。

そんな時はドレスをオーダーするのも一つの考えです。
マーメードラインやAラインだとデザイン次第では、後々でも使えますし
新婚旅行先でドレスアップして食事するのも良いものです。

今回は、色んな事情で白ドレスが一点しか着る事が出来ない場合の演出方法です。

ついでにドレス一点になる場合の要因を書き出しておきましょう。

①レストラン自体が披露宴を考えた設計になっていない。
②予算が無かった。
③色ドレスで会場で着れるタイプのものが無かった。
 あるいは、ドレスショップより断られた。
④提携店以外のドレスなので持ち込み料が発生してしまう。

などなど・・・他にもいろんな組み合わせの要因があります。
要はレンタルショップでドレスを借りる事ができない・・・こういう場合なのです。

レストランウエディングでドレス一点は非常に多いパターンになのですが
決して悪い事ではありません。
むしろメインテーブルにお二人は常にいるのですから
ゲストに対しても失礼が無いし良い事だと思います。

でもお嫁さんはどこか物足りなさを感じているのも確かです。

進行にもよりますが、歓談時間が多すぎる披露宴もゲストの方も少し退屈してしまいます。
お二人が、途中で演出の為に動き回ることがあったとしても、
お色直しのようなサプライズはありませんよね。

また会場によっては、お色直しするような控室がない会場もあります。
実際には結婚式や披露宴を想定して設計していないのですから
当たり前の事といえば当たり前の事です。
もちろんそういった事情はお二人にもご理解いただいてます。
そういうレストランもあるというのが現状ですから
花嫁の衣裳もよそで完璧に仕上げてタクシー等で会場入りする事なんてざらです。

こうなるとますますお色直しなんてできませんよね・・・。
でもこんな逆境な時こそプランナーなら燃えて下さい。
設備が完璧なところで挙式・披露宴をしたいのならホテルかハウスへ行けばいいのです。

でもお二人は、

このレストランで披露宴をやりたい!

貴方にそこでのプランニングをお願いしたい!

こう言ってるのです。
こんなやりがいのある事ってないですよねぇ!!
メラメラ!!

と前ふりが長くなったので・・・つづく


ji


前回のブログに登場した笑顔の可愛い新婦さんです。お二人の許可は頂いてます♪
ほんと可愛いお嫁さんでした。お幸せに♪

記事編集
バレーボールが終わったら今度は世界水泳inモントリオール。
日本以外での大会って何がしんどいといえば時差ですよね。
夜は遅いは、朝は早いは、もう完全寝不足です。
しかもこの暑さ・・・確実に地球は温暖化に進んでいますね。

てことで今日はパワーを付けるために

うなぎじゃぁ~!!

僕はどちらかと言えば、白焼きの方が好きなのですが、
「んなもんは関西にはない!」
と一括され、蒲焼をビールで食べました。

さて世界水泳ですが、書きたい事たくさんあるけど
勝負が分単位、秒単位で決まってどんどん結果が出てるのでブログがおっつきません^^;
なのでここではあえて書かない事にしました。

で、今回一番興味もったのが競泳の50m。
陸上で言う100mてところでしょうか?
一番のスプリント競技に感じました。
しかもゴール直前まで横一線で、タッチの差で順位が決まります。
でもこのタッチの差って何なんでしょうね?タッチが合わないとか・・・????
ニュアンス的に考えると最後のひと伸びが、ゴール手間のどの位置かってことなのかな?
あまりにも手前過ぎたら体が流れてしまうし、近すぎたら手首傷めるし・・・。
誰か分かりますかぁ?

それにしても50m・・・競馬の追い込みや逃げ切り以上にハラハラしますね!(なんと不純なたとえ・・・笑)
記事編集
バレーボールが終わったら今度は世界水泳inモントリオール。
日本以外での大会って何がしんどいといえば時差ですよね。
夜は遅いは、朝は早いは、もう完全寝不足です。
しかもこの暑さ・・・確実に地球は温暖化に進んでいますね。

てことで今日はパワーを付けるために

うなぎじゃぁ~!!

僕はどちらかと言えば、白焼きの方が好きなのですが、
「んなもんは関西にはない!」
と一括され、蒲焼をビールで食べました。

さて世界水泳ですが、書きたい事たくさんあるけど
勝負が分単位、秒単位で決まってどんどん結果が出てるのでブログがおっつきません^^;
なのでここではあえて書かない事にしました。

で、今回一番興味もったのが競泳の50m。
陸上で言う100mてところでしょうか?
一番のスプリント競技に感じました。
しかもゴール直前まで横一線で、タッチの差で順位が決まります。
でもこのタッチの差って何なんでしょうね?タッチが合わないとか・・・????
ニュアンス的に考えると最後のひと伸びが、ゴール手間のどの位置かってことなのかな?
あまりにも手前過ぎたら体が流れてしまうし、近すぎたら手首傷めるし・・・。
誰か分かりますかぁ?

それにしても50m・・・競馬の追い込みや逃げ切り以上にハラハラしますね!(なんと不純なたとえ・・・笑)
記事編集
バレーボールが終わったら今度は世界水泳inモントリオール。
日本以外での大会って何がしんどいといえば時差ですよね。
夜は遅いは、朝は早いは、もう完全寝不足です。
しかもこの暑さ・・・確実に地球は温暖化に進んでいますね。

てことで今日はパワーを付けるために

うなぎじゃぁ~!!

僕はどちらかと言えば、白焼きの方が好きなのですが、
「んなもんは関西にはない!」
と一括され、蒲焼をビールで食べました。

さて世界水泳ですが、書きたい事たくさんあるけど
勝負が分単位、秒単位で決まってどんどん結果が出てるのでブログがおっつきません^^;
なのでここではあえて書かない事にしました。

で、今回一番興味もったのが競泳の50m。
陸上で言う100mてところでしょうか?
一番のスプリント競技に感じました。
しかもゴール直前まで横一線で、タッチの差で順位が決まります。
でもこのタッチの差って何なんでしょうね?タッチが合わないとか・・・????
ニュアンス的に考えると最後のひと伸びが、ゴール手間のどの位置かってことなのかな?
あまりにも手前過ぎたら体が流れてしまうし、近すぎたら手首傷めるし・・・。
誰か分かりますかぁ?

それにしても50m・・・競馬の追い込みや逃げ切り以上にハラハラしますね!(なんと不純なたとえ・・・笑)
記事編集
ゼクシー9月号の特集記事を読んでみた。
僕はこの雑誌嫌いです。現在のブライダル業界の低迷させた原因の一端にある雑誌だと思っているからです。(詳しくはここでは書きません)
ブライダル情報誌なのか?ジュエリー雑誌なのか?
創刊号に広告掲載したころは今の1/5くらいの厚みだったと思います。
(重いったらありゃしない・・・)

今月の特集記事「こんなはずじゃなかった!予算オーバー結婚式100組分」

■洋装は0円なのに和装にはちゃっかりかかる着付け代 +15000 UP
■プラン外のベールを選ぶと予想より遥かに高い追加料  +5000 UP
■女性司会者を男性へ変更すると3万円もアップ!

などなど・・・確かに内容によってはプランナーの初歩的な説明不足もあるかもしれませんが、プランナーはご本人達の了承無しでは、勝手に追加したりすることは絶対にありません。ですから殆どの内容が、絶対接客時に説明していることばかりなのです。
なのにクレーム、もしくはお客様はイヤな思いをしているみたいな表現・・・。
確かに、お客様にご理解頂けてなければ説明したことにはならないかもしれませんが・・・。
言った!聞いてない!これこそ水掛け論ですから、ここで白黒つけることもないでしょう。

ただ一番はがゆいのは、この事例をすべて会場側、プランナー側の説明不足と受け取れるように面白おかしく書かれてることにあるのです。
正直、今のお客様は、丁寧に、そしてゆっくり説明しないといけません。
本当にそこまでしないとご理解いただけない方が多いのです。

こんな特集を組めば頭から見積りに不信感をいだいて来られたり、情報誌に書いてある「こんなに安くなった披露宴の裏技」の通りを実行しようとします。
たいていそういう時は、料理の値段をワンランク落とそうとしたりしますよね。
つまり自分たちがホストである気持ちをすっかり忘れているのです。

どうせ特集記事を組むのなら、見積書の正しい見方とか、おもてなしの心とは?といった特集にして欲しいものです。
もう少し会場や企業側に立って雑誌作りをすべきだと思います。

あの広告宣伝費では(会場・花・宝石・・etc が広告掲載料に差がないのもビックリ)費用対効果があがらず撤退していく所もますます増えて行くでしょう。
だけど集客や資料問合せの数だけは頼らざる得ない現状・・・辛いですよね・・・(制約率は当然低いですよね)

「先月効果なかっぞぉ!」
「そうですかぁ・・・じゃぁ今月見開き行きますかぁ!」
そんな解決策ないやろう!って感じです^^;

あとはプランナーの覆面座談会とか、
「こんな客は損して嫌われてる」とか組んで欲しいなぁ(笑)
ここでは、書きませんが、サロンで大声で怒鳴ったり、
「負けろ負けろ」としつこかったり、揚げ足ばかりとってる、そう!貴方!
損してるかもしれませんよぉ・・・。

あ!名誉のために言いますがボッタくってはいませんよ!
(そんなアコギでなことはしない!)
ただね・・・細かいところで損してますよ。
フフフ・・・プランナーも人間なので・・・ささやかな抵抗かもね♪

お互いに一番大事な瞬間を一緒に作り上げて行くのですから、気持ちよく仕事しましょう。



記事編集
ゼクシー9月号の特集記事を読んでみた。
僕はこの雑誌嫌いです。現在のブライダル業界の低迷させた原因の一端にある雑誌だと思っているからです。(詳しくはここでは書きません)
ブライダル情報誌なのか?ジュエリー雑誌なのか?
創刊号に広告掲載したころは今の1/5くらいの厚みだったと思います。
(重いったらありゃしない・・・)

今月の特集記事「こんなはずじゃなかった!予算オーバー結婚式100組分」

■洋装は0円なのに和装にはちゃっかりかかる着付け代 +15000 UP
■プラン外のベールを選ぶと予想より遥かに高い追加料  +5000 UP
■女性司会者を男性へ変更すると3万円もアップ!

などなど・・・確かに内容によってはプランナーの初歩的な説明不足もあるかもしれませんが、プランナーはご本人達の了承無しでは、勝手に追加したりすることは絶対にありません。ですから殆どの内容が、絶対接客時に説明していることばかりなのです。
なのにクレーム、もしくはお客様はイヤな思いをしているみたいな表現・・・。
確かに、お客様にご理解頂けてなければ説明したことにはならないかもしれませんが・・・。
言った!聞いてない!これこそ水掛け論ですから、ここで白黒つけることもないでしょう。

ただ一番はがゆいのは、この事例をすべて会場側、プランナー側の説明不足と受け取れるように面白おかしく書かれてることにあるのです。
正直、今のお客様は、丁寧に、そしてゆっくり説明しないといけません。
本当にそこまでしないとご理解いただけない方が多いのです。

こんな特集を組めば頭から見積りに不信感をいだいて来られたり、情報誌に書いてある「こんなに安くなった披露宴の裏技」の通りを実行しようとします。
たいていそういう時は、料理の値段をワンランク落とそうとしたりしますよね。
つまり自分たちがホストである気持ちをすっかり忘れているのです。

どうせ特集記事を組むのなら、見積書の正しい見方とか、おもてなしの心とは?といった特集にして欲しいものです。
もう少し会場や企業側に立って雑誌作りをすべきだと思います。

あの広告宣伝費では(会場・花・宝石・・etc が広告掲載料に差がないのもビックリ)費用対効果があがらず撤退していく所もますます増えて行くでしょう。
だけど集客や資料問合せの数だけは頼らざる得ない現状・・・辛いですよね・・・(制約率は当然低いですよね)

「先月効果なかっぞぉ!」
「そうですかぁ・・・じゃぁ今月見開き行きますかぁ!」
そんな解決策ないやろう!って感じです^^;

あとはプランナーの覆面座談会とか、
「こんな客は損して嫌われてる」とか組んで欲しいなぁ(笑)
ここでは、書きませんが、サロンで大声で怒鳴ったり、
「負けろ負けろ」としつこかったり、揚げ足ばかりとってる、そう!貴方!
損してるかもしれませんよぉ・・・。

あ!名誉のために言いますがボッタくってはいませんよ!
(そんなアコギでなことはしない!)
ただね・・・細かいところで損してますよ。
フフフ・・・プランナーも人間なので・・・ささやかな抵抗かもね♪

お互いに一番大事な瞬間を一緒に作り上げて行くのですから、気持ちよく仕事しましょう。



記事編集
ゼクシー9月号の特集記事を読んでみた。
僕はこの雑誌嫌いです。現在のブライダル業界の低迷させた原因の一端にある雑誌だと思っているからです。(詳しくはここでは書きません)
ブライダル情報誌なのか?ジュエリー雑誌なのか?
創刊号に広告掲載したころは今の1/5くらいの厚みだったと思います。
(重いったらありゃしない・・・)

今月の特集記事「こんなはずじゃなかった!予算オーバー結婚式100組分」

■洋装は0円なのに和装にはちゃっかりかかる着付け代 +15000 UP
■プラン外のベールを選ぶと予想より遥かに高い追加料  +5000 UP
■女性司会者を男性へ変更すると3万円もアップ!

などなど・・・確かに内容によってはプランナーの初歩的な説明不足もあるかもしれませんが、プランナーはご本人達の了承無しでは、勝手に追加したりすることは絶対にありません。ですから殆どの内容が、絶対接客時に説明していることばかりなのです。
なのにクレーム、もしくはお客様はイヤな思いをしているみたいな表現・・・。
確かに、お客様にご理解頂けてなければ説明したことにはならないかもしれませんが・・・。
言った!聞いてない!これこそ水掛け論ですから、ここで白黒つけることもないでしょう。

ただ一番はがゆいのは、この事例をすべて会場側、プランナー側の説明不足と受け取れるように面白おかしく書かれてることにあるのです。
正直、今のお客様は、丁寧に、そしてゆっくり説明しないといけません。
本当にそこまでしないとご理解いただけない方が多いのです。

こんな特集を組めば頭から見積りに不信感をいだいて来られたり、情報誌に書いてある「こんなに安くなった披露宴の裏技」の通りを実行しようとします。
たいていそういう時は、料理の値段をワンランク落とそうとしたりしますよね。
つまり自分たちがホストである気持ちをすっかり忘れているのです。

どうせ特集記事を組むのなら、見積書の正しい見方とか、おもてなしの心とは?といった特集にして欲しいものです。
もう少し会場や企業側に立って雑誌作りをすべきだと思います。

あの広告宣伝費では(会場・花・宝石・・etc が広告掲載料に差がないのもビックリ)費用対効果があがらず撤退していく所もますます増えて行くでしょう。
だけど集客や資料問合せの数だけは頼らざる得ない現状・・・辛いですよね・・・(制約率は当然低いですよね)

「先月効果なかっぞぉ!」
「そうですかぁ・・・じゃぁ今月見開き行きますかぁ!」
そんな解決策ないやろう!って感じです^^;

あとはプランナーの覆面座談会とか、
「こんな客は損して嫌われてる」とか組んで欲しいなぁ(笑)
ここでは、書きませんが、サロンで大声で怒鳴ったり、
「負けろ負けろ」としつこかったり、揚げ足ばかりとってる、そう!貴方!
損してるかもしれませんよぉ・・・。

あ!名誉のために言いますがボッタくってはいませんよ!
(そんなアコギでなことはしない!)
ただね・・・細かいところで損してますよ。
フフフ・・・プランナーも人間なので・・・ささやかな抵抗かもね♪

お互いに一番大事な瞬間を一緒に作り上げて行くのですから、気持ちよく仕事しましょう。


記事編集
OSAKA SWINGGIRLSの夏のイベントが決まったようです。

8/16[tue]
高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト
We are Sneaker Ages中学校大会 ゲスト出演
(入場整理券は、三木楽器各店で配布中)
会場: 松下IMPホール

上記ゲスト出演ですから学生の方なんかは楽しめるのではないでしょうか?
またまた娘と出かけようかな?

オレンジシャーベットお気になもんで・・・♪

記事編集
OSAKA SWINGGIRLSの夏のイベントが決まったようです。

8/16[tue]
高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト
We are Sneaker Ages中学校大会 ゲスト出演
(入場整理券は、三木楽器各店で配布中)
会場: 松下IMPホール

上記ゲスト出演ですから学生の方なんかは楽しめるのではないでしょうか?
またまた娘と出かけようかな?

オレンジシャーベットお気になもんで・・・♪

記事編集
OSAKA SWINGGIRLSの夏のイベントが決まったようです。

8/16[tue]
高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト
We are Sneaker Ages中学校大会 ゲスト出演
(入場整理券は、三木楽器各店で配布中)
会場: 松下IMPホール

上記ゲスト出演ですから学生の方なんかは楽しめるのではないでしょうか?
またまた娘と出かけようかな?

オレンジシャーベットお気になもんで・・・♪
記事編集
15連勤でした。ようやくのOFF・・・でも台風接近中とか・・・。
髪の毛も伸び放題だったしパーマも取れていたので、今日は美容室にでかけました。
最近は今福鶴見にあるGLISTENがお気に入りの美容室です。
我家はけっこうマメに美容室にでかけるのでここでは、有名な家族になってしまいました。(笑)

でもなじみの美容院を見つけるまでって苦労しますよね。
GLISTENの前に通っていた店があったのですが、担当者が独立してしかも遠方に店を出したのでずっと美容室を決めかねていました。
カットが命ですからなかなかしっくりくる店がないままあちこちの美容室へ行っていました。
ようやくこの店で気に入ったカットをしてくてる人を見つけたので今ではここで落ち着いています。

僕はシャンプーにもこだわるのですが、ここは上手な子がいました。
いました・・・というのは、もういないのです。系列店に転勤になってしまいとても残念です。
シャンプーも指名できたので僕にとってGLISTENはリラクゼーションの場でもあったのですがね・・・。
彼女が転勤してから数回行ってるのですが、まだピタっとくるシャンプーをしてくれる子がみつかりません。まだ全員にあたっていないから気長に構えています。

記事編集
15連勤でした。ようやくのOFF・・・でも台風接近中とか・・・。
髪の毛も伸び放題だったしパーマも取れていたので、今日は美容室にでかけました。
最近は今福鶴見にあるGLISTENがお気に入りの美容室です。
我家はけっこうマメに美容室にでかけるのでここでは、有名な家族になってしまいました。(笑)

でもなじみの美容院を見つけるまでって苦労しますよね。
GLISTENの前に通っていた店があったのですが、担当者が独立してしかも遠方に店を出したのでずっと美容室を決めかねていました。
カットが命ですからなかなかしっくりくる店がないままあちこちの美容室へ行っていました。
ようやくこの店で気に入ったカットをしてくてる人を見つけたので今ではここで落ち着いています。

僕はシャンプーにもこだわるのですが、ここは上手な子がいました。
いました・・・というのは、もういないのです。系列店に転勤になってしまいとても残念です。
シャンプーも指名できたので僕にとってGLISTENはリラクゼーションの場でもあったのですがね・・・。
彼女が転勤してから数回行ってるのですが、まだピタっとくるシャンプーをしてくれる子がみつかりません。まだ全員にあたっていないから気長に構えています。

記事編集
15連勤でした。ようやくのOFF・・・でも台風接近中とか・・・。
髪の毛も伸び放題だったしパーマも取れていたので、今日は美容室にでかけました。
最近は今福鶴見にあるGLISTENがお気に入りの美容室です。
我家はけっこうマメに美容室にでかけるのでここでは、有名な家族になってしまいました。(笑)

でもなじみの美容院を見つけるまでって苦労しますよね。
GLISTENの前に通っていた店があったのですが、担当者が独立してしかも遠方に店を出したのでずっと美容室を決めかねていました。
カットが命ですからなかなかしっくりくる店がないままあちこちの美容室へ行っていました。
ようやくこの店で気に入ったカットをしてくてる人を見つけたので今ではここで落ち着いています。

僕はシャンプーにもこだわるのですが、ここは上手な子がいました。
いました・・・というのは、もういないのです。系列店に転勤になってしまいとても残念です。
シャンプーも指名できたので僕にとってGLISTENはリラクゼーションの場でもあったのですがね・・・。
彼女が転勤してから数回行ってるのですが、まだピタっとくるシャンプーをしてくれる子がみつかりません。まだ全員にあたっていないから気長に構えています。
記事編集
CF1500

ラジカセ・・・ラジオ付きカセットレコーダー。
CD、MD、MP3、HDDなどデジタル化が進みもう存在すらわすれられているかもしれません。しかもモノラルだし・・・。
当時小学生だった僕はこのSONYのCF1500が欲しくて欲しくてたまりませんでした。少し前に話題になったニッポン放送の亀渕社長が当時「カメちゃん」の愛称でパーソナリティーを務めていたころのオールナイト日本が僕らのラジオライフの始まりです。
エアチェックなんて言葉も流行って「FMfan」とか買って録音したいプログラムをチェックしたものです。

さてこのCF1500は現在のラジカセやCDラジカセと違ってやたらメタルを使用していたのでとても高級感がありしかもFMトタンスミッター内臓でカセットをFM電波で飛ばせたのです。

僕らは15分くらいのDJ・・・ディスクジョッキー気取りでラジオ番組を制作してテープに録音して金曜の番にオンエアしていました。
当時はアパートの5階に住んでいたのでご近所さんには聴こえていたようでだす。もちろん友人のCF1500を金曜の晩だけ借りていたのです。
当時はとても高価でしたし、親父がもうすぐステレオラジカセが出るからそれまで待ちなさい!という理由で買ってもらえませんでした。

先日このような昭和のラジカセを取り扱っているショップをネットで知り、30年ぶりに憧れのラジカセを手に入れることができました。
英会話やプロ野球中継を聞いたりすると学生時代を思い出します。
アナログノスタルジーです。

「デザインアンダーグランド」とても信頼のおけるラジカセショップ

「初期ラジカセの研究室」昭和40年代のラジカセの資料や画像が一杯!あなたの持っていたラジカセがあるかもよ!
記事編集
CF1500

ラジカセ・・・ラジオ付きカセットレコーダー。
CD、MD、MP3、HDDなどデジタル化が進みもう存在すらわすれられているかもしれません。しかもモノラルだし・・・。
当時小学生だった僕はこのSONYのCF1500が欲しくて欲しくてたまりませんでした。少し前に話題になったニッポン放送の亀渕社長が当時「カメちゃん」の愛称でパーソナリティーを務めていたころのオールナイト日本が僕らのラジオライフの始まりです。
エアチェックなんて言葉も流行って「FMfan」とか買って録音したいプログラムをチェックしたものです。

さてこのCF1500は現在のラジカセやCDラジカセと違ってやたらメタルを使用していたのでとても高級感がありしかもFMトタンスミッター内臓でカセットをFM電波で飛ばせたのです。

僕らは15分くらいのDJ・・・ディスクジョッキー気取りでラジオ番組を制作してテープに録音して金曜の番にオンエアしていました。
当時はアパートの5階に住んでいたのでご近所さんには聴こえていたようでだす。もちろん友人のCF1500を金曜の晩だけ借りていたのです。
当時はとても高価でしたし、親父がもうすぐステレオラジカセが出るからそれまで待ちなさい!という理由で買ってもらえませんでした。

先日このような昭和のラジカセを取り扱っているショップをネットで知り、30年ぶりに憧れのラジカセを手に入れることができました。
英会話やプロ野球中継を聞いたりすると学生時代を思い出します。
アナログノスタルジーです。

「デザインアンダーグランド」とても信頼のおけるラジカセショップ

「初期ラジカセの研究室」昭和40年代のラジカセの資料や画像が一杯!あなたの持っていたラジカセがあるかもよ!
記事編集
CF1500

ラジカセ・・・ラジオ付きカセットレコーダー。
CD、MD、MP3、HDDなどデジタル化が進みもう存在すらわすれられているかもしれません。しかもモノラルだし・・・。
当時小学生だった僕はこのSONYのCF1500が欲しくて欲しくてたまりませんでした。少し前に話題になったニッポン放送の亀渕社長が当時「カメちゃん」の愛称でパーソナリティーを務めていたころのオールナイト日本が僕らのラジオライフの始まりです。
エアチェックなんて言葉も流行って「FMfan」とか買って録音したいプログラムをチェックしたものです。

さてこのCF1500は現在のラジカセやCDラジカセと違ってやたらメタルを使用していたのでとても高級感がありしかもFMトタンスミッター内臓でカセットをFM電波で飛ばせたのです。

僕らは15分くらいのDJ・・・ディスクジョッキー気取りでラジオ番組を制作してテープに録音して金曜の番にオンエアしていました。
当時はアパートの5階に住んでいたのでご近所さんには聴こえていたようでだす。もちろん友人のCF1500を金曜の晩だけ借りていたのです。
当時はとても高価でしたし、親父がもうすぐステレオラジカセが出るからそれまで待ちなさい!という理由で買ってもらえませんでした。

先日このような昭和のラジカセを取り扱っているショップをネットで知り、30年ぶりに憧れのラジカセを手に入れることができました。
英会話やプロ野球中継を聞いたりすると学生時代を思い出します。
アナログノスタルジーです。

「デザインアンダーグランド」とても信頼のおけるラジカセショップ

「初期ラジカセの研究室」昭和40年代のラジカセの資料や画像が一杯!あなたの持っていたラジカセがあるかもよ!
記事編集
バレーボールWGPも終わって・・・。
イマイチ盛り上がりのないプロ野球オールスターゲームもいつも間にか終わっていて・・・新庄のダイヤ入りシューズは笑いましたが

いよいよ世界水泳ですね。シンクロが先駆けて銀メダル!
フリールーテンとチームの競技の違いが今ひとつわかりませんが(笑)

明日の北嶋に期待しています!!

記事編集
バレーボールWGPも終わって・・・。
イマイチ盛り上がりのないプロ野球オールスターゲームもいつも間にか終わっていて・・・新庄のダイヤ入りシューズは笑いましたが

いよいよ世界水泳ですね。シンクロが先駆けて銀メダル!
フリールーテンとチームの競技の違いが今ひとつわかりませんが(笑)

明日の北嶋に期待しています!!

記事編集
バレーボールWGPも終わって・・・。
イマイチ盛り上がりのないプロ野球オールスターゲームもいつも間にか終わっていて・・・新庄のダイヤ入りシューズは笑いましたが

いよいよ世界水泳ですね。シンクロが先駆けて銀メダル!
フリールーテンとチームの競技の違いが今ひとつわかりませんが(笑)

明日の北嶋に期待しています!!
記事編集
このCM見たことあるでしょう?

このCMが始まった時には、まさしく今年はSAX(管楽器)ブームなんだなって確信しました。
恐るべしスウィングガールズ効果♪

さて、このサックスくまちゃんのぬいぐるみ販売しているの知っていましたか?
知らなかったです。
うちの奥さんが知っていて・・・
「え!なんで知ってんの?」
「え~知らなかったのぉ、毎年出てるよ」
「じゃぁ明日買ってきてよん♪」
「もう売り切れだよ」

が~ん

すごく悔しいなぁ・・・。欲しかった・・・。サックスくま・・・。
SAXkuma

http://www2.seibu.co.jp/usrinfo/campaign/050623_natsuichi/

記事編集
このCM見たことあるでしょう?

このCMが始まった時には、まさしく今年はSAX(管楽器)ブームなんだなって確信しました。
恐るべしスウィングガールズ効果♪

さて、このサックスくまちゃんのぬいぐるみ販売しているの知っていましたか?
知らなかったです。
うちの奥さんが知っていて・・・
「え!なんで知ってんの?」
「え~知らなかったのぉ、毎年出てるよ」
「じゃぁ明日買ってきてよん♪」
「もう売り切れだよ」

が~ん

すごく悔しいなぁ・・・。欲しかった・・・。サックスくま・・・。
SAXkuma

http://www2.seibu.co.jp/usrinfo/campaign/050623_natsuichi/

記事編集
このCM見たことあるでしょう?

このCMが始まった時には、まさしく今年はSAX(管楽器)ブームなんだなって確信しました。
恐るべしスウィングガールズ効果♪

さて、このサックスくまちゃんのぬいぐるみ販売しているの知っていましたか?
知らなかったです。
うちの奥さんが知っていて・・・
「え!なんで知ってんの?」
「え~知らなかったのぉ、毎年出てるよ」
「じゃぁ明日買ってきてよん♪」
「もう売り切れだよ」

が~ん

すごく悔しいなぁ・・・。欲しかった・・・。サックスくま・・・。
SAXkuma

http://www2.seibu.co.jp/usrinfo/campaign/050623_natsuichi/
記事編集
今日は来月結婚されるお二人の前撮り写真の日です。僕は滅多にスタジオ写真は撮らないですが、今日はカメラマンがお休みなので以前から頼まれていました。

前撮り写真・・・挙式・披露宴当日の写真撮影を避け前もって写真だけ撮影しておくことです(そのまんまやんけ・・・^^;

◆当日がスムーズになる。
◆ガーデン挙式など当日の天気によっては撮影スペースが無くなる。
◆レストランウェディングなどでは撮影スペースが無い。
◆当日は洋装を着るので、和装の写真だけでも残しておきたい。

といろんなメリットはあるのですが、最大のメリットは
撮られる側(お二人)に余裕があるってことではないでしょうか?
ホテル挙式のスタジオでは、何組もの新郎新婦を撮影しなければいけないし、披露宴の進行上時間も限られています。そんな中で

「じゃぁ次はニッコリ笑ってみましょうか?」

と言われても笑えるわけないですよね。
だから六つ切りサイズ・・・いわゆる型モノと言われる写真の中のお二人は、おすまし顔でしか収まっていないのです。

その点前撮りですと、時間的に余裕るので撮影側もコミュニケーションをとりながらお二人の良い表情を引き出すことだできます。
何より最初の来店の時や衣裳選びの段階の会話である程度の構想やフレーミングを考えられるし、この新婦さんは笑顔が可愛い。この人は笑顔よりも何か物憂げな表情の方が生きてくるのでは?と事前情報を得られる事が撮る側には非常にありがたいです。

さて、今日の新婦さんはまさに前者のタイプ。
笑顔の似合うCMがあったら推薦してあげたいくらいです。

別にモデルの仕事をしていたわけでもないのに僕が
「少し照れた感じの笑いで行ってみましょう」
「ここは飛びっきりの笑顔で!はじめてのア●ム♪みたいなネ!」
の要求に、ピタってくるのです。また笑顔が可愛いのです。
こっちもテンション上がってきたので、8ポーズ50カットくらい撮っちゃいました。

きっとこの新婦さん普段から笑顔を絶やさないひとなのではないでしょうか?
わざとらしくも無く、それでいて周りの雰囲気も良くしてしまう。
それを横で嬉しそうに見てる新郎さんもとても楽しそうでした。

お二人の趣味はパラグライダーだそうです。
青空とお二人の笑顔・・・そんな写真も撮ってみたいなぁ。

皆さんも笑顔の練習・・・普段からしておいてくださいね。
口角を少し上げる・・・これが大事なんですよ♪




記事編集
今日は来月結婚されるお二人の前撮り写真の日です。僕は滅多にスタジオ写真は撮らないですが、今日はカメラマンがお休みなので以前から頼まれていました。

前撮り写真・・・挙式・披露宴当日の写真撮影を避け前もって写真だけ撮影しておくことです(そのまんまやんけ・・・^^;

◆当日がスムーズになる。
◆ガーデン挙式など当日の天気によっては撮影スペースが無くなる。
◆レストランウェディングなどでは撮影スペースが無い。
◆当日は洋装を着るので、和装の写真だけでも残しておきたい。

といろんなメリットはあるのですが、最大のメリットは
撮られる側(お二人)に余裕があるってことではないでしょうか?
ホテル挙式のスタジオでは、何組もの新郎新婦を撮影しなければいけないし、披露宴の進行上時間も限られています。そんな中で

「じゃぁ次はニッコリ笑ってみましょうか?」

と言われても笑えるわけないですよね。
だから六つ切りサイズ・・・いわゆる型モノと言われる写真の中のお二人は、おすまし顔でしか収まっていないのです。

その点前撮りですと、時間的に余裕るので撮影側もコミュニケーションをとりながらお二人の良い表情を引き出すことだできます。
何より最初の来店の時や衣裳選びの段階の会話である程度の構想やフレーミングを考えられるし、この新婦さんは笑顔が可愛い。この人は笑顔よりも何か物憂げな表情の方が生きてくるのでは?と事前情報を得られる事が撮る側には非常にありがたいです。

さて、今日の新婦さんはまさに前者のタイプ。
笑顔の似合うCMがあったら推薦してあげたいくらいです。

別にモデルの仕事をしていたわけでもないのに僕が
「少し照れた感じの笑いで行ってみましょう」
「ここは飛びっきりの笑顔で!はじめてのア●ム♪みたいなネ!」
の要求に、ピタってくるのです。また笑顔が可愛いのです。
こっちもテンション上がってきたので、8ポーズ50カットくらい撮っちゃいました。

きっとこの新婦さん普段から笑顔を絶やさないひとなのではないでしょうか?
わざとらしくも無く、それでいて周りの雰囲気も良くしてしまう。
それを横で嬉しそうに見てる新郎さんもとても楽しそうでした。

お二人の趣味はパラグライダーだそうです。
青空とお二人の笑顔・・・そんな写真も撮ってみたいなぁ。

皆さんも笑顔の練習・・・普段からしておいてくださいね。
口角を少し上げる・・・これが大事なんですよ♪




記事編集
今日は来月結婚されるお二人の前撮り写真の日です。僕は滅多にスタジオ写真は撮らないですが、今日はカメラマンがお休みなので以前から頼まれていました。

前撮り写真・・・挙式・披露宴当日の写真撮影を避け前もって写真だけ撮影しておくことです(そのまんまやんけ・・・^^;

◆当日がスムーズになる。
◆ガーデン挙式など当日の天気によっては撮影スペースが無くなる。
◆レストランウェディングなどでは撮影スペースが無い。
◆当日は洋装を着るので、和装の写真だけでも残しておきたい。

といろんなメリットはあるのですが、最大のメリットは
撮られる側(お二人)に余裕があるってことではないでしょうか?
ホテル挙式のスタジオでは、何組もの新郎新婦を撮影しなければいけないし、披露宴の進行上時間も限られています。そんな中で

「じゃぁ次はニッコリ笑ってみましょうか?」

と言われても笑えるわけないですよね。
だから六つ切りサイズ・・・いわゆる型モノと言われる写真の中のお二人は、おすまし顔でしか収まっていないのです。

その点前撮りですと、時間的に余裕るので撮影側もコミュニケーションをとりながらお二人の良い表情を引き出すことだできます。
何より最初の来店の時や衣裳選びの段階の会話である程度の構想やフレーミングを考えられるし、この新婦さんは笑顔が可愛い。この人は笑顔よりも何か物憂げな表情の方が生きてくるのでは?と事前情報を得られる事が撮る側には非常にありがたいです。

さて、今日の新婦さんはまさに前者のタイプ。
笑顔の似合うCMがあったら推薦してあげたいくらいです。

別にモデルの仕事をしていたわけでもないのに僕が
「少し照れた感じの笑いで行ってみましょう」
「ここは飛びっきりの笑顔で!はじめてのア●ム♪みたいなネ!」
の要求に、ピタってくるのです。また笑顔が可愛いのです。
こっちもテンション上がってきたので、8ポーズ50カットくらい撮っちゃいました。

きっとこの新婦さん普段から笑顔を絶やさないひとなのではないでしょうか?
わざとらしくも無く、それでいて周りの雰囲気も良くしてしまう。
それを横で嬉しそうに見てる新郎さんもとても楽しそうでした。

お二人の趣味はパラグライダーだそうです。
青空とお二人の笑顔・・・そんな写真も撮ってみたいなぁ。

皆さんも笑顔の練習・・・普段からしておいてくださいね。
口角を少し上げる・・・これが大事なんですよ♪



記事編集
仕事が定時に終わったので先日BLOGでコメントのやり取りした“SONNY"さんのJAZZ喫茶に行くことにした。
通勤途中にある駅で途中下車して、教えていただいた場所へ・・・。
SONNYさんは「分かりにくいかも・・・」とおっしゃってましたがスムーズに着けました。

ドアを開けるとJAZZの調べと香り高いコーヒーの・・・????
ではなくカウンターの半分までお酒のボトルが並んでしました。
SONNYさん曰く「いや~喫茶というよりBARかもね♪」
お互いに簡単に挨拶済ますとあとは、SONNYさんのコレクションからSAXの良いのをランダムに紹介していただけました。

いくつか紹介していただいて、手帳に走り書き・・・。
その中で一番に買ったのが「キャノンボール・アダレー」です。
実はJAZZに関しては、うんちくを言えるほど聴いてきたわけでもなく
しかももともとはピアノトリオが好きで、サックスプレーヤーのCD(LP)
なんてあまり聴いたことなかったのです。

こうしてSAXを始めてからどんなCD聴いたらいいのだろう?
って状態ですからね・・・
SONNYさに「どんなSAXの音が好みなんですか?」と聞かれた時に
そんなこと考えたこともなくって・・・
「そこまで聞き込んでいないんです」
て答えました。するとSONNYさんは
「好きな音を探すのも面白いもんですよ」
っていろんなプレーヤーのLPを掛けてくれたのです。

今回は時間がなかったので、長居はできなかったのですが
今度は腰をすえて飲みに行こうと思います。


記事編集
仕事が定時に終わったので先日BLOGでコメントのやり取りした“SONNY"さんのJAZZ喫茶に行くことにした。
通勤途中にある駅で途中下車して、教えていただいた場所へ・・・。
SONNYさんは「分かりにくいかも・・・」とおっしゃってましたがスムーズに着けました。

ドアを開けるとJAZZの調べと香り高いコーヒーの・・・????
ではなくカウンターの半分までお酒のボトルが並んでしました。
SONNYさん曰く「いや~喫茶というよりBARかもね♪」
お互いに簡単に挨拶済ますとあとは、SONNYさんのコレクションからSAXの良いのをランダムに紹介していただけました。

いくつか紹介していただいて、手帳に走り書き・・・。
その中で一番に買ったのが「キャノンボール・アダレー」です。
実はJAZZに関しては、うんちくを言えるほど聴いてきたわけでもなく
しかももともとはピアノトリオが好きで、サックスプレーヤーのCD(LP)
なんてあまり聴いたことなかったのです。

こうしてSAXを始めてからどんなCD聴いたらいいのだろう?
って状態ですからね・・・
SONNYさに「どんなSAXの音が好みなんですか?」と聞かれた時に
そんなこと考えたこともなくって・・・
「そこまで聞き込んでいないんです」
て答えました。するとSONNYさんは
「好きな音を探すのも面白いもんですよ」
っていろんなプレーヤーのLPを掛けてくれたのです。

今回は時間がなかったので、長居はできなかったのですが
今度は腰をすえて飲みに行こうと思います。


記事編集
仕事が定時に終わったので先日BLOGでコメントのやり取りした“SONNY"さんのJAZZ喫茶に行くことにした。
通勤途中にある駅で途中下車して、教えていただいた場所へ・・・。
SONNYさんは「分かりにくいかも・・・」とおっしゃってましたがスムーズに着けました。

ドアを開けるとJAZZの調べと香り高いコーヒーの・・・????
ではなくカウンターの半分までお酒のボトルが並んでしました。
SONNYさん曰く「いや~喫茶というよりBARかもね♪」
お互いに簡単に挨拶済ますとあとは、SONNYさんのコレクションからSAXの良いのをランダムに紹介していただけました。

いくつか紹介していただいて、手帳に走り書き・・・。
その中で一番に買ったのが「キャノンボール・アダレー」です。
実はJAZZに関しては、うんちくを言えるほど聴いてきたわけでもなく
しかももともとはピアノトリオが好きで、サックスプレーヤーのCD(LP)
なんてあまり聴いたことなかったのです。

こうしてSAXを始めてからどんなCD聴いたらいいのだろう?
って状態ですからね・・・
SONNYさに「どんなSAXの音が好みなんですか?」と聞かれた時に
そんなこと考えたこともなくって・・・
「そこまで聞き込んでいないんです」
て答えました。するとSONNYさんは
「好きな音を探すのも面白いもんですよ」
っていろんなプレーヤーのLPを掛けてくれたのです。

今回は時間がなかったので、長居はできなかったのですが
今度は腰をすえて飲みに行こうと思います。

記事編集
言の葉珠玉・・・。

最近よく訪問してくださるmiraさんのBlogです。

訪れた瞬間からmiraさんの世界に引き込まれます。
いろんな言葉(言の葉)ご本人なりに綴っておられます。
BGMとかBGVといった言葉があるように、
ここはさながら「BGW(word)」ですね。
書き綴った文章が、邪魔にならず・・・そして心地よい・・・。
こんな感覚始めてでした。ぜひ皆様もどうぞ・・・。

文章のへたくそな僕はいつも癒されています。

さて表題の「エファメラ」ですが、これもmiraさんのBlogで知ったのですが、
なんとも不思議な音楽です。ネット上にあるのを試聴しただけなのですが、
これはなんという音楽と説明したらいいのでしょう?
エンヤぽく聴こえたり、なんとなくハワイアンにも聴こえなくもない(僕だけ?)
どこか70年代ポップスにも聴こえたり・・・
なんだか懐かしい・・・
ずっと昔から聴いてきたような・・・

僕にとっては『不思議なエファメラ』でした。
今度アルバム聴いてみよう♪

『不思議なエファメラ』の試聴はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。