無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ 「世界が泣いた日本のシンドラー杉原千畝物語ドラマ六千人の命のビザ 真実のストーリー」
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
このドラマ…淡々と話が進みとても良かったです。
自分ならあの軍部急上昇、戦争へまっしぐらに突き進んでいる
日本政府に逆らえることが出来ただろうか?

人道的という事は痛いほど理解できる。

だけど同盟国であるドイツからの追及もあるかもしれない。
異国で人知れず抹殺されるかもしれない。

反町隆史もあの「GTOの鬼塚先生」のイメージはカケラもないほど
いい演技だったと思います。
(まつと利家の信長役は役所広司の信長より良かったと思っています)

杉原千畝…の功績をたたえたプレートが番組最後に映るのですが
そのプレートの日付が「2005年10月10日」でした。
外務省が、その功績を認めたのがたった5年前だったというのが驚きでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初コメントです
こんばんは
先日はコメントありがとうございました
私も見ました~♪
いいドラマでしたよね
久しぶりに見入ってしまいました

こうきさんは素敵なお仕事をされていますよね
何もわからないままこうきさんのお仕事にあこがれていた事があります
これからですね!応援しています!!
またお邪魔させてくださいね(o*。_。)oペコッ
2005/10/12(水) 19:41 | URL | ちぃ #-[ 編集]
>ちぃさん
ご訪問ありがとうございます。
ホントいいドラマでしたね・・・。なぜか万年筆が欲しくなりましたw

神戸はまだまだ素敵なところありますよ。
いつかご案内できるといいですね。

また遊びに来てくださいな♪
2005/10/12(水) 21:20 | URL | こうき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/144-ccbeae75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。