無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ ウエディングプランナー ~キャンドルサービス・神聖な火の話~ キャンドルピラミッドの売り方
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
今回は長いですですよ^^;
緑の文字は補足です(少し判りにくい部分がありましたので…10/16)

披露宴の演出にキャンドルサービスがあります。
すでにご結婚されている方の中でこんな経験ありませんか?

ウエディングドレスからカクテルドレスのドレス・ヘアチェンジも終わり、写真も終了。
さぁキャンドルサービスをしながらの入場と共に披露宴の後半です。
入場口前で、キャンドルトーチをもったキャプテンから注意事項を聞いているおふたり…。

「…ということで、会場内もスタンバイOKみたいですから、笑顔で入場しましょうね」

そして、キャンドルトーチ(ガス注入式)のつまみを回しキャプテンが火を点けます。

100円ライターで・・・
ホストのようにデュポンのライターならまだしも100円ライターです。
しかも「カチッ!カチッ!あれ?」点きが悪かったりして…orz

こんな経験した方、こういう光景を見た人たくさんいるのではないですか?

改めてこのように文章にすると、すごく違和感があるの判るでしょう。
そして自分が結婚する時は、「絶対そんなんイヤだぁ!」と思うのではないですか?

火は神聖なものだからこそキャンドルサービスの意味があるのです。

僕のホテルでチャペルが完成した時のことです。
これからこのチャペルで挙式を行う場合必ず献堂式が牧師先生によって行われます。
これはチャペル竣工時行われる儀式ですからなかなか立ち会えるものではありません。
当時完成したホテルのチャペルは小さなチャペルでしたが、南仏風の可愛いらしいものでした。
式も無事終わり先生からお話がありました。

「支配人。これで明日から挙式を司る事ができます。
 …本当はね、キリスト教式の結婚にはチャペルって必要ないんですよ。
 聖書があってその前で神に誓うことによって神から祝福を得ることができるのです。
 草原でされる方、お家の前でされる方、歴史を振り返ればいろんな場所で
 結婚式は行われてきました。
 もちろんチャペルでされる方も…
 …そこで一つだけお願いがあります。それは火のことです…できれば神から授かった火を
 チャペル内に灯して欲しいのです。昔からチャペルや教会では火を絶やさないできました。
 火を守る係りもいたぐらいです。消防上で難しいのはわかっています。
 それならせめて挙式当日だけでもこのチャペルに火を灯してください。」


このお話をスタッフと聞いてキャンドルサービスの本当の意味を改めて理解できました。
正直僕自身もキャプテンをやっている時は、上記のように100円ライターを使っていました。

そこで我々のご提案するキャンドルサービスは、お色直し・写真撮影が済んだら、
お二人でもう一度挙式したチャペルに戻っていただき、挙式中に灯っていたキャンドルから
火を自分たちの手で分火してもらうことにしたのです。

その時キャンドルトーチだとまるで聖火ランナーのように滑稽なものなってしまいます。
そこで骨董品屋で帆船で使われていたカンテラを買ってきてその中にキャンドルを入れてみました。
これだと周りがガラスなので歩いても炎は消えません。

◆このカンテラを新郎さんが持ち、新婦さんはバスケットに細長いキャンドルをたくさん入れて入場します。
◆新婦さんは、各テーブルでこのセレモニー参加していただきたい方おにキャンドルを渡します
◆渡されたゲストは、そのキャンドルを持ち新郎のカンテラから灯を分けてもらいゲストテーブルのキャンドルに点火してもらいます。
◆全テーブルを回ります
補足:各テーブルで1名新婦さんがキャンドルを渡します。例えば6テーブルあれば6名になります。
◆ゲストテーブルのキャンドルを点けたゲストは、そのままキャンドルピラミッドの周りに
 集まっていただきキャンドルピラミッドのメインキャンドル以下の
 キャンドルに火を灯していただきます。
◆お二人はその間にメインテーブル前でそのカンテラからロングキャンドルトーチに火を分けてもらい。
 ゲストが待つキャンドルピラミッドまで進み、選ばれたゲストに囲まれてメインキャンドルに点火します。

補足:ゲストテーブルに点火してもらう人とキャンドルピラミッドに点火してもらう人を別にしてもかまいません。例えば6テーブルであれば12名になります。このあたりは、お好みでね♪

candl.jpg


このゲスト選びの時に、新婦さんには
「ぜひお母様にお渡しください」とアドバイスしていました。
新婦の父は、バージンロードで娘と一緒に歩くことができますが
新婦母は参加できるセレモニーが無いからです。(花束贈呈くらい)
お母様はとてもお喜びになれます。
もちろんMCの方には、このセレモニーの意味「火」のこと、どこからこの火を運んできたのか…
しっかりコメントしてもらうことも忘れてはいけません。

このセレモニーをスタッフと一緒に考えて、何度もシミュレーションしました。
そしてこのセレモニーをご提案すると、高額なこのキャンドルピラミッドをすんなり受け入れてくれるのです。
発売された当時のキャンドルピラミッドは60000円くらいしてなかなか売れない商品だったのです。
(まだ、ハート型やエンジェルが主流だったので)

結婚式で行われる様様なセレモニーもしっかりと意味をもたせる事によって
オリジナルウエディングも生きてくるし、お二人に訴えるものがあるのだなぁって思った時期でした。

なんどかの披露宴の後、お二人から

「私達がやったキャンドルサービスを友人が(別の会場ですが)ぜひやりたいと言っているのですが
 許可いりますか?」

と言われたことがありました。
もちろんOKです。特許をとっているわけでないし
そうやって受け入れてもらえる事が嬉しいのですから…。


ここまで読んでいただきありがとうございました。









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
へ~。
いろんな意味がるんですね。
もともとの意味を知ってると世界が広がるんだlなぁ。
(自分がハワイの教会で挙げた式にはキャンドルサービスはなかったっす。)
2005/10/15(土) 19:09 | URL | わっきぃ #V4rYaZBU[ 編集]
意味を知ってするのと知らないでするのとでは大違いですね。
るぽの結婚式は100エンライターなんだろうな(^Д^;) 
2005/10/15(土) 21:12 | URL | るぽ #4jeLTJQM[ 編集]
素敵な提案。
こうきさん。

いいですねー そういうキャンドルサービス。
たしかにピラミッドキャンドルは¥60,000-。
たまにしか出ないし,もうポピュラーになりすぎちゃってるし。。
こうきさんのように演出の仕方を提案できるお仕事って楽しそうですね!

これからも,オリジナリティある演出を
紹介してください☆楽しみにしてます!!


2005/10/15(土) 23:58 | URL | muget #-[ 編集]
キャンドルサービス!それって和装でするの?洋装でするの?そんなことを今日ちょうど話してました。この記事でかなり勉強になりました!それと、こんなキャンドルサービスもあるのですね!!これはいただき!かも。またいろいろ教えてください!
2005/10/16(日) 01:48 | URL | クマ子 #-[ 編集]
感動。
とっても興味深く最後まで読ませていただきました!
ちゃんと意味があったんですね、キャンドルサービス。
今は他にも色々出てますけど、こんな素敵なエピソードを読んだら、キャンドルサービスやりたくなりますね!!
2005/10/16(日) 02:45 | URL | emiko #-[ 編集]
なるほど・・・です。
形に拘ることが多いご時世ですが、その形にも「こころの想い」が必要なんですよね。

ん十年前の自分の結婚式では気恥ずかしくてキャンドルサービスはキャンセルしてしまいましたが・・・。
2005/10/16(日) 07:42 | URL | おじさんのサックス #-[ 編集]
意味をもたせること
こうきさん!こんにちわ。
じっくり読み入ってしまいました。

ウエディングの演出も多種多様ですが、
せっかくならこういった1つ1つに
意味をもたせると、とても深みがあり
またあたたかさを感じます。

やっぱり気持ちのこもった、あたたかさの
伝わるものをどんどん提案していきたい
ですものね。
2005/10/16(日) 13:23 | URL | けいちん #-[ 編集]
>皆様へ
たくさんのコメントありがとうございます。
そうなんです。
やはり一生に一回のセレモニーをお世話させていただくのですから、ひとつひとつに意味を持ちお二人がずっと語っていけるものをご提案したいですよね…
付け焼刃のものでなく、○○饅頭ってすぐ出来ちゃうじゃないですか…
そんなの良いわけないですもんね。
2005/10/16(日) 19:40 | URL | こうき #-[ 編集]
>クマ子さんへ
和装でするか?洋装でするか?は、進行の内容次第ですよ。

和装~洋装の方の中で、
「絶対ケーキ入刀はWドレスでやりたい!」
という新婦様もいらっしゃいます。
そうなると、どうでしょう?キャンドルサービスとか演出が洋装に集中しちゃいますよね・・・

そうなるともっとじっくりとセレモニーを考えないといけないですよね
和装でキャンドルサービスやるのなら、演出方法をしっかりしないと、普通どおりのキャンドルサービスなら和洋ミックスの滑稽なものになるかもしれない。

こんな時こそプランナーが腕を振るう時じゃないでしょうかねぇ??

僕も何か考えてみよう!和のキャンドルサービス・・・。
2005/10/16(日) 19:48 | URL | こうき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/149-1ebf4f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。