無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ ウエディングプランナー ~格安挙式 激安挙式???プランナーの方が踊らされたませんか?~
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
格安挙式…さらにドンキホーテでもないのに

激安挙式!

昔のように大名商売が出来る業界ではありません。

でもこのキャッチコピーや某ブライダル情報誌の
格安ウエディングの裏技
のゲスな情報に惑わされたりしているのは、むしろプランナーの方ではないかと思う時があります。

「お客様が、こう言ってます」

「お客様が、そう望まれています」

このように言ったことありませんか?


WEDDINGは、原則一生に一回キリのことです

大切なな事は誰もが解っています。
解っているからこ平常時には、節約とか考えてしまうのは人の常です。

そんな平常時にどれくらいお二人から気持ちを引き出すかが大切なのです。

新規来館時には、「来客アンケート」の類いのものをどこでも書いていただきますよね。
ここには、必ず「ご予算はどれくらいでお考えですか?」という項目があるはずです。
にもかかわらず…

「ご予算は?」

「お料理はいくらぐらいでお考えですか?」



こんな切り口で語りかけてるプランナーが多いです。
この切り口だとお客様は、

「お!予算帯の線引きかな?」などと不安もよぎり、またまた節約モードに入ってしまいます。

それになかなか即答できないものです。
自分の考えてる予算がこの会場にふさわしいのか?どうか判断できないのですから?

「はじめましてこの度はおめでとうございます
 …(中略)…
 お二人は披露宴にご参列されたことはございますか?」


こういう「Yes」「No」で答えやすい質問から僕は入るようにしています。

殆ど方が参列経験者です。

「披露宴って大変でしょう?
 呼ばれる方も…あれこれねぇ^^
 ねぇ女性だったら洋服・バック・ご祝儀…ん万円コースですよねぇ
 でも呼ばれてイヤでしたか?
 幸せに感じたり、嬉しく思いませんでしたか?」

 「でしょう!!招待されないより招待された方が
 嬉しいにきまってますよね♪」


現在の平均祝儀は27000円くらいです。つまりその金額でゲストをおもてなしすればいいのです。
ご祝儀は、参列者は二人のご披露の場に参列・同席してあげたい!
でも我が飲み食いは自分で払いますよ!
だから昔はご祝儀にたいしては倍返しだったんです。
今はそんなことはしません、だからゲストを精一杯おもてなしをしなければいけません。
またプランナーはその手助けをしないといけません。

ご祝儀には、そういった意味があるのです。
頭からあそれをあてにして、そのご祝儀で、ふたりの衣装・演出までまかなおう!
(中には予算うかしちゃおう!)
なんてプランを良く目にしますが、僕は間違っていると思います。

しっかりとお二人に伝えてあげると、安心されます。
そしてちゃんとゲストに対するおもてなしの心を持っていただけます。

「予算がないから招待客を減らす!
 料理のランクを下げる!大きな間違いです!

こんな間違った裏技(?)情報にプランナーが一緒になって流されてはいけません。


「そうお客様がおっしゃってます」
あなたは、言ってませんでしたか?

役に立ったらポチっとね!











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
心ある接客
こうきさん!こんにちわ。
うんうん!と大きくうなずきながら読んでいました。最終的にはお金といった現実的な部分に触れます。がしかし、それまでにお客様の不安や本当はこうしたい!という本心にどれだけ近づけるか、またその中でお2人に合ったものをご提案できるか、そのあたりの心あるやりとりが何より大事なことだと思いますよね。プランナーこうきさんの元で、ご結婚式を挙げられたカップルはとっても幸せですよね☆☆☆
2005/10/30(日) 11:40 | URL | けいちん #-[ 編集]
そうなです
「0円挙式」をキャッチコピーにしている某所とお付き合いがあったのです。
係りの方はご紹介の電話の際
「この方達はご予算があまりないので、しつこく勧めないでください」
と良く言われます。
でも、話の流れで商品説明になった時にお客様の希望を聞くことは避けて通れません。
その中で見合った商品や演出をご提案するとすんなり決まることが多々あるのです。

もちろんお二人はご納得しています。
つまりブライダルでのご予算の立て方をご存じ無いだけなのです。
これって提案者(プランナー)の怠慢だと思うのです。
披露宴が終わったあとで、周りから
「え~!あんなんそんなに高くないんだからすればよかったにぃ!」
と言われて、残念がっていたカップルも知ってますし、
「なんで言ってくれなかったんだ!」
とご立腹されてクレームになったお二人もいます。
ちゃんとした情報だけは、お伝えしたいものです。選択権はお二人にあるのですから。

2005/10/30(日) 19:04 | URL | こうき #-[ 編集]
はじめまして
娘がウエディングプランナーに憧れているので、興味深く読ませていただきました。
時間がある時に過去ログも読みに来ます。
2005/11/01(火) 21:48 | URL | pinknokonpeito #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/167-31ea87bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。