無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ ウエディングプランナー 挙式時の婚約指輪位置と結婚指輪の関係
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
最近メールこのようなご質問を受けました。

挙式当日婚約指ははめていて良いのでしょうか?
指輪の交換の時はどうしたらいいのですか?


確かにせっかく頂いた婚約指輪も挙式にもご披露したいものです。
よく婚約指輪を左手の薬指にされた挙式に臨まれる方がいらっしゃいます。
婚約指輪の上(前というのかな?)に結婚指輪を新郎さんにはめていただいている光景を見かけます。

正式なプロトコール(国際儀礼)によるとこのやり方は

正解でもあり一部間違っています

結婚指輪は、婚約指輪をはめた同一の指にはめるのであって
決して婚約指輪の上にはめるべきでない。
だから、式の時には、婚約指輪を
一時、右手の同じ指にはめかえるのが通例である。
式がすめば、その後は結婚指輪と同じ指にはめなおすようにする。


このように結婚指輪の前に婚約指輪がくるようにすれば良いのです。

ただ、実際には花嫁さんはグローブをしていますから
婚約指輪の形状によっては、装着できない場合が多いです。

一般で言われてる立爪状のリングは、グローブの着脱時にひっかかったりします。
このような形状のリングの場合は、式中は婚約指輪ははずしておいたほうが無難でしょう。

披露宴ではめるようにしましょう。
結婚指輪、婚約指輪・・・という順番ではめる事を覚えておきましょう!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
勉強になりましたー。
でも、私は神前式、、、。指輪の交換すらちょっと無理がある感じがしてますが、それは一応やります!
婚約指輪は、、、していくか微妙ですね、立爪なので余計に、、、。着物とか引っかかりそうだしなー。
2005/11/26(土) 02:08 | URL | クマ子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/199-45a517a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
2005/11/25(金) 10:53:00 | あのっゆーかですっ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。