無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ 会費制披露宴でいいですか? おもてなしの心 ご祝儀の意味・・・ご予算で悩まれているお二人へ・・・
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
今回長いですよ・・・。

冠、婚、葬、火事、建築、出産、水害、病気、旅行、年忌

これは何かわかりますか?人間が生きていく上に必要とされる10のお付き合いです。

この中で火事、葬儀の二つを残して
残りの8つの付き合いを辞めることを「村八分」というそうです。

生活して行く上で
突発的、一時的にお金がかかることにはお互いに助け合いましょう
と考えられた生活の知恵だそうです。

ただこの中でも事前に情報として知りえることができるは、
名実ともに独立したものとして扱われてきたそうです。

今までお世話になった人、これからお世話になる人に
感謝を込めて生涯の伴侶を披露するという場として披露宴が確立されたそうです。
ですから参列してくださる人に経済的負担を軽くする意味であっても
最初からお金を出してくださいと言わんばかりの会費制披露宴は
本来の披露宴の考えたからすればなかなかなじめないものです。
その本来の意味をプランナーがちゃんと説明することができるかが
披露宴受注やその後のプレゼンテーションの大きなカギになってきます。

もともとご祝儀は

「新しい人生を歩む二人だけに金銭的な負担をかけては申し訳ない。物入りなんだし」

「自分の食いぶちくらいは自分で責任もつよ」


そういった祝う心から生まれたものなです。

ですからホストとして迎えるお二人はその祝う心感謝の気持ち受け止めて
その範囲内でものてなしを尽くせばよいのです。
(言葉悪いですがそのゲストの行為に甘えて良いのです・・・もちろん祝儀を浮かしてやろう!なんて言語道断ですよ)

このようにお二人の金銭的な不安を取り除いてあげるのもプランナーとしての役目です。
決して安易に
「ご予算ですかぁ~・・・どうですか会費制披露宴という形式やってみませんか?」
言わないようにしましょう。
もちろんそういうお考えのお二人がいるかもしれません。
でもどこに個人的にお金をかけるのか、お二人はどの部分を目標に貯金していけばいいのか・・・・。
相手の雰囲気を見てアドバイスするのも大切です。

ゲストもめでたい場に同席することは嬉しいことです。
口では
「あぁん。出費がかさむわぁ」
といいつつも嬉しいものです。
考えてみてください、親しい友人の披露宴の招待状が届くのと
結婚しましたハガキが突然届くのとどちらが嬉しいですか?
参列できない寂しさの方が大きいと思います。

ご予算を気にされている方には、ちゃんとご説明して
不安を取り除いてあげれば披露宴をやりたいという気持ちになるはずです。

披露宴のどの部分を自分達が負担しなければいけないか・・・
おのずと解ってきますよね
そう考えると節約する部分は、お料理のランクダウンなんて考えるはずありません。

どこを節約するのか・・・そしてその個人的な部分を低予算にするための努力。
自分で出来ることは自分でやる。
それこそがオリジナルウエディングだと思います。

最近勘違いしているお二人や情報誌が多いもので・・・。


つたない長文にお付き合いくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ぴんくのブログにコメントありがとうございます♪
ぴんくは就職活動中ですが、ウエディングプランナーにも憧れています。華やかな仕事のように見えますが、実際は、かなりしんどいみたいですね。
でもやってみたい(*≧▽≦*)
2005/12/22(木) 12:37 | URL | ぴんく #FECx1CEE[ 編集]
そうなんですかぁ。
北海道の基本は会費制です。
”新しく生活を始める二人に負担をかけてはいけない。”
なので、有志がみんなで出し合って祝ってやろうと言うことでの会費制なのです。
当然発起人は新郎新婦の各々の友人達です。
当人や両親が招待はしません。
呼ぶ人と式場、会費の希望を伝えるのです。
その代わり人数が半端じゃないですけどね(^^)
片方だけで100人とかざらですよ。
地域によって色々な祝い方があるものです。
2005/12/22(木) 22:39 | URL | わっきぃ #V4rYaZBU[ 編集]
「村八分」の由来、知らずに使ってました。
なるほど・・・、ありがとうございます。
2005/12/23(金) 04:41 | URL | おじさんのサックス #-[ 編集]
基本的には新しい二人を祝ってあげよう!
という気持ちから周りの人間が寄り合って始めたことなんでしょうね。
それがいろんな形で発展して言ったのだと思います。

沖縄も参列者多いですよ。
しかも披露宴時間3時間越えるのはざらです。
2005/12/23(金) 10:49 | URL | >わっきぃさん #-[ 編集]
火事・葬儀はつきあうけどそれ以外の付き合いは勘弁してくれ。
そういった付き合いをする人のことを
「あいつは村八部だからこの件には参加してこないだろう」
ということが、少し悪い方向の意味合いに使われるようになったのではないでしょうかねぇ

考えたら今の世の中年賀状だけの付き合いや顔も知らない親戚っていますもんね。
あまり特殊なことではないのかもしれません。
2005/12/23(金) 10:53 | URL | >おじさんサックスさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/256-9475420a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。