無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ ウエディングプランナー 少し変わったシャンパンサーブと乾杯セレモニー
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
先日お世話させていただいたお二人の披露パーティーについてお話します。
新郎さんは独立起業されて第一線で頑張っておられ、
新婦様はラジオ、テレビでおなじみのとても可愛いアナウンサーです。

挙式⇒披露宴(親族中心70名)⇒披露パーティー(145名)
この披露パーティーのプロデュースの依頼を受けました。
お正月明けにお二人にお逢いして準備期間2週間・・・。
進行、司会、スタッフなど決めないといけないのが盛りだくさんでした。
しかも145名くらい参列される(披露宴からの出席者が30名)
会場のキャパシティの問題で150名以は収容できないので
厳選が大変だったようです。(この件にかんしては後日ね♪)

披露宴でケーキ入刀、ファーストバイトはすでに済ませています。
じゃぁスマートに乾杯にもっていくにはどうしたらいいでしょう??

う~む・・・。
通常・・・披露宴では、お二人がウエディングケーキにナイフを入れたと同時に
サービススタッフが音を立ててシャンパンのコルクを抜きます。
(ご存知と思いますが、通常音を立ててシャンパンのコルクを抜くのテーブルマナーではタブーですよ)
そしてゲストテーブルのグラスに注いでまわります。

しかし今回の披露パーティーはBuffetスタイルの為
1卓1名のサービススタッフの配置は望めません。
(何故か?これは皆さん考えてみましょう!)
もちろん会場に頼めばサービスはやってくれます。
僕もホテル勤務時代「シャンパンヘルプ」と称して
ケーキ入刀場面にはあちこちの会場に出没したものです^^

話は戻して・・・受付でゲストテーブルの案内カードに
各テーブル1枚だけテーブルの名前(この日は星の名前だったので・・・)の前に
★印をつけておきました。

つまりこのカードを持った方がこの日のシャンパンホストにしたのです。
もちろんサプライズです。
お二人のご両親もパーティーの前半だけご出席と伺っていたので、
ご両親へはお二人から感謝を込めてのシャンパンサーブをすることにしました。

「・・・本来なら皆様お一人お一人に、お二人から感謝を込めて
シャンパンサーブをしたいところですが、このようにたくさんの方に
お集まりいただきとてもお二人だけではおもてなしする時間もございません。
そこで★印のついたカードをお持ちのお客様に
是非お手伝いいただきたいのです・・・
僭越ながら私が先導させていただきます。
私の掛け声と共にコルクを抜いてください。
あ!まちがってもコルクを飛ばしたり、ボトルを振らないでくださいね・・・では!・・・」

MCにはこのようにコメントしてもらいました。

何気ない演出だったのですが、ご両親はすごく喜んで頂けました。
またゲストの方もまったにホテルバンケットで
シャンパンサービスする機会ので
にわかソムリエ気取りでサービスしておられました。

勿論、不慣れな方が多いわけですから司会者の掛け声前に
あちこちでフライングでコルクが抜けたのは言うまでもありません。
でもそれがまた笑いを誘い楽しいものでした。

その後の乾杯のご発声の方の舌が滑らかだったのも良かったと思います。




お役に立ったらポチッね♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あー、すごく素敵な演出。やってみたい。
でもでも、、、披露宴のゲストが会社、親族中心なので明らかに壁が高い。
しかし色んな人の色んな披露宴・パーティーのカタチがあるんですね。自分たちらしさは何だろう?と思う毎日です。
2006/02/02(木) 22:30 | URL | クマ子 #-[ 編集]
>クマ子さん
プランナーに大切なものはなんですか?

よく後輩に尋ねられます。
最近はメールでの相談も多いです。

持論ですが、やっぱり自分自身が楽しめることが一番大事だと思います。

お二人と一緒に作り上げるパーティーや披露宴を一緒になって楽しもう!・・・その心じゃないでしょうか?

まぁ僕の場合は、基本的に楽天的なので常に何か面白い事ないかなぁ・・・とキョロキョロしています。
人は『落ち着きが無い』と言います(笑)

本来ならプランナーがお二人の雰囲気を見て・・・察知して・・・いろんなプランを提案すべきなのです。

お二人から要望がないから・・・
プレゼンしない・・・できない・・・最近のプランナーさんの言い訳です。
ブログの最初方に書きましたけど、お二人はプランナーからのプレゼンテーションを待っているのです。
お二人は、進行以外の面で、ただでさえ忙しいのに演出を考える余裕も無いかもしれないのですから・・・。

このシャンパンセレモニーだってとっさに考え付いたのです。
サービスは1卓1名つかない、ケーキ入刀、鏡割りもない・・・いかにスムーズに乾杯の発声までもっていくか?

でも、セレモニーをする意味や理由を明確にすると、そのセレモニーが生きてくる。
それをお二人と作り上げるの事こそが、オリジナルウエディングだと思います。
2006/02/02(木) 23:39 | URL | こうき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/282-ba1da397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。