無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ ウエディングプランナー ミステリー劇場 消えた花嫁・・・・・  
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
・・・・・の 


20060222081446.gif
その前にポチッ!

僕が現場キャプテンをやっている頃です。
そろそろチャペル式のリハーサルなので新郎新婦、
両家ご両親をご案内に控室に迎えに行きました。

「あれ?お母様・・・お父様はどちらですか?」
「あら?さっきまで居たんですけどねぇ」

てことで、一行をアテンドに任せて僕はその場に残りました。

5分・・・。10分・・・。15分・・・。
お父様はいっこうに帰ってきません。
配膳スタッフを残して、館内を探しに行きました。
館内と言っても広いので、まずは内線電話で主要関係部署に連絡して
男性着替室 ⇒ 待合室 ⇒ トイレ と走りました。

やば;; 本日最初の挙式だけに後のスケジュールに支障をきたします。

そんな時、トイレを覗いた時、さっき見た時と同じ場所の扉が閉まっていました。
音を立てずに近づき耳をすましました。

「ウッウッウ・・・ウ・ウ・ウ・・・」

間違いないこの中です。
お父さんは、淋しくて泣いていたのでした。

一ヶ月前に引出物打合せでお会いした時も、
お嬢さんの事が大好きなんだなぁ・・・と言うのが
口に出さなくても伝わるほど優しくお嬢さんを見ておられた方ですから
無理もないと思います。

と言ってもその頃は独身でしたから漠然としか分かりませんでした。
今は結婚して娘も出来て・・・やっと娘の父という気持ちが分かります。

さて、話は戻って・・・
こんな優しくそしてちょっぴり意地っ張りなお父さんですから
扉の外で声をかけてはいけません
泣いていたのが僕に悟られてしまうからです。

音を立てずにトイレの外に行き・・・
「○○さまぁ~~~」
とドップラー効果を使いながら、さも今探しに着ましたって声を出しました。

その後挙式もぎりぎりでスタート!
娘さんには、「お腹の調子が悪かったんだ」と言い訳してました♪

披露宴もお開きまで、涙ひとつ流すことなく終始笑顔のお父様でした。

披露宴最後にスタッフで挨拶した時
「山内さん、今日は色々ありがとね。
 気を使わせたねぇ・・・」

と握手された時僕が泣きそうでした。

僕の忍び足は、まだまだ修行がいるみたいですね。


20060222081446.gif
粋なお父様にポチッ!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すてきなお話
なんてステキなお話なんでしょう。
読んでいて、私もジ~ンとしてきちゃいました。。。

結婚式には色んなメイクドラマがあちこちであるんでしょうね。
2006/04/19(水) 22:43 | URL | けいちん #-[ 編集]
>けいちんさん
長い間この業界にいると
いろんなエピソードがあります
笑える話からシャレにならないことまで・・・。

新婦家ってなんとなくなえがしろにされてしまいますよねぇ
ホントの主役や娘さんを育てたご両親なのかもしれないのに・・・。

僕は新婦家が少しでも花嫁と共有できるウエディングをこれからも提案していくつもりです。
2006/04/20(木) 11:18 | URL | こうき #-[ 編集]
タイトルにドキッとしました。
でもとてもいい話ですね!

細かいところだと思いますが、こういう心遣いに人は感動するんだと思いますね~。
2006/04/20(木) 11:41 | URL | みすたー #0DW/rr8Y[ 編集]
>みすたーさん
ご無沙汰しています。
花嫁のお父さんて淋しそうなんですよ・・・。

俺もそうなるのかなぁ・・・。
2006/04/21(金) 13:27 | URL | こうき #-[ 編集]
オモワズ泣いてしまいました。
最近は苦しくてつらくてなきそうになることが多かったので、なんだか、心がほっと、しました。

素敵な話をありがとうございます。
2006/04/23(日) 14:20 | URL | mira(tomomi) #-[ 編集]
〉miraさん
コメント フロム カナァ~ダァ♪ですね
ブログ読ませていただいていますよ
もう3ヶ月ですねぇ
大変そうな毎日だと思いますが、いつでも息抜きに来て下さいね
2006/04/24(月) 14:27 | URL | こうき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/473-e840732e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。