無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ 教え子からのご招待・・・人の縁は時間じゃない。そして履歴書の写真は・・・。
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
スクールの講師をしていた時の生徒さんから
結婚式へのご招待の連絡を頂きました。

僕の受け持ちの授業は3講座・・・時間すると6時間足らずです。
授業内容としては実践的なことを
現場でのプランナーとしての対応を講義中心にしていました。

就職活動中も色々相談を受けました。
一番印象深いのは・・・

「よし!○○ちゃん。髪切っちゃおうか!
 明るい印象で行こう!!」


女性ならともかく男性の僕が言ったのですから
彼女もさぞ驚いた発言だったでしょう。

でも僕も真剣だったので思い切って言いました。

立場場何十人もの履歴書を見てきました。
いつもうんざりするのは履歴書の写真です。
皆白黒でリクルートスーツ
ぜ~んぶ同じ顔に見えちゃいます。

何百人も書類選考する企業は僕以上に同じ気持ちでしょうね。
プランナーはもっと自分の魅力をアピールしてもいいと思うのです。
面接時の服装もそうです。
競争の第一関門ですから、ライバルより一歩でも二歩でも
前に出ないといけません。(出すぎてもいけません)

パーソナルカラーを勉強したり診断を受けるのも手段の一つです。
PCの先生と一緒に相談して服装を決め
写真をちゃんと撮った子はみな希望職に就きました。
写真だってちゃんとしたスタジオをで撮るべきだ!
・・・と薦めて来ました。

彼女も某プロデュース会社に採用が決定しました。
その後も度々質問をしてきたりして
熱心に勉強していました。

個人的には苦手なのですが
「こんにちは!先生・・・」という会話からスタートします。
まだまだ「師」と呼ばれるには未熟者ですから
「先生」という言葉は背中が痒くなってしまいます。

たった6時間の授業で「師」のはしくれにおいてくれる彼女達の
心の広さに感謝です。

しかし・・・残念ながら自分の担当の婚礼がある為出席できません。
なんと残念・・・。

独立系プランナーの悲しいサガだゎ・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/526-8ca8898b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。