無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ レストランウエディングと独占プロデュース会社 レストランオーナー様へ・・・勘違いしていませんか?
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
お客様が披露宴をご希望される
レストランに電話をした時のやり取りです
 
ホームページや情報雑誌に記載されている電話に掛けると
レストラン直接ではなく、ブライダルデスクなるところに
かかる場合があります(60%の割合かな?)

「私、RePlanningのやまうちと申します。
 貴レストランで披露宴をご希望されているお客様がおられまして
                ・・・・中略・・・・
  一度お話と見学を兼ねてお伺いさせていただきたいのですが・・・」


「申し訳ございません。そのレストランに関しては弊社が全面プロデュースを
  させていただいておりますので外部プロデュースは全てお断りさせていただいてます」



プロデュース会社の方、プランナーの方ならだれでも経験あるはずです

レストランが、ひとつのプロデュース会社に独占させているところに多い実例です

オーナー様・・・よくお考え下さい

 これってある意味営業妨害ですよね

言葉がきつければ売上損失でしょうか。

自社を通さないとそのレストランへはブライダルの送客をしないそう言ってるのです。
レストラン側からすれば、仮に50名の披露宴であれば

 FB10000円としても50万円の損失なのです
 
レストランの本来の目的は何ですか?
美味しいものを多くの人に提供することです
もちろんその本分をまっとうしたいからブライダルに関して料理意外の事を
我々のようなプロデュース会社に委託するわけですが

一社に独占させる必要は何もありません
むしろこのようにデメリットの方が多いでしょう

こんなところで売上損失していることもあるのです
 

今すぐ多くの営業窓口を確保しましょう!
窓口は広ければ広いほど良いのです。
あなたのレストランを紹介してくれる企業は
1社より2社です・・・そして10社です。

特にプロデュース会社に保証金や出資をしてもらったわけでなく
なんとなく慣習であれば、即見直しましょう。

この業界は狭い世界です。
ですから情報も早いです。
「あのレストランは○○会社がガチガチに入ってる」
そんな話はすぐ伝わります。
そうなると独占(お抱え)してるプロデュース会社意外の会社は間違いなく送客しません。

そしてお二人に案内もしません。
だって自分達が演出できないからです。

お客様もそのプランナーを気に入って契約しているのですから
担当が替わる会場も選びません。

どうです?
レストランオーナー及びマネージャーの皆さん
一度見直ししてみませんか?
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/531-2fb1565c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。