無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ 和婚式 日本版ブーケセレモニー 「献華の契り」 佛前誓婚式
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
開式にあたり、新郎新婦は佛前に花を捧げます

これをお寺の結婚式では
行華(あんげ)
と言って大切な作法だそうです

大阪,神戸のウエディングプランナー「リプランニング」


さて、この行華にまつわるエピソード・・・。

昔、燃燈佛(ねんとうぶつ)という佛さまがこの世で説法をされていたとき
ある国の王様が、
「佛にお花を供養すればその功徳が大きい」
という事を聞いて、国中のお花をお城に集めるおふれをだしました

一人の青年もまた佛さまに花を捧げようと思ったが
国王が独り占めしているため、いくら探しても花がありません

困っていた頃、王様に届ける7本の花を持った少女と出会います
懇願して全財産と引き換えに5本だけ花を譲ってもらいます

そして佛さまに花を捧げる大切さを少女にお話します

それを聞いた少女は、残りの2本の花を青年と供に自ら佛前に捧げました

この縁により二人は結ばれます

ふたりはさらに後世においても

生まれ変わるたびに夫婦となり

※これが良い!!まさしく永遠の愛ですね^^

後には
インド・カピラヴァンストゥ国の「シッダルタ太子」
隣国の「ヤショダーラ姫」として生まれ
またもや結ばれました

シッダルタ太子は後に悟りをひらかれ

釈迦如来


となられたお方です

このような故事にあやかり

新郎は5本の花
新婦は2本の花

2本の花を佛前に捧げて結婚の証しにします

今回はじめてこの挙式を拝見し
そして挙式のひとつひとつの意味を知り

自分が存在していること
そして自分のルーツ(ごぜ先祖・家系)に感謝することが
とっても自然な事であり大切な事だとあらためて感じました

両親がいなければ自分の存在はない
その両親も祖父母いなければ・・・・

ね!すごい自然の理です
それに感謝する・・・すばらしことだと思いませんか?

大阪,神戸のウエディングプランナー「リプランニング」

これも感動的な「親族固め杯」のワンシーンです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/590-0147e12f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。