無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ ウエディングプランナーとの付き合い方② 婚礼料金
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
結婚式を行うにあたって一番気になるのは婚礼の費用でしょう。

プロデュース会社やフリーランサー提示する見積りは単純明快です。

さまざまな外注費用+プロデュース料です。
しかしこのプロデュース料というのが、なかなか理解していただけないのも事実です。

日本は、コンサルティング・・・つまり形のないもの・・・プレゼンテーションに
報酬を支払う・・・という形態に慣れていないからです。

プレゼンターの中にあるアイデアやそれを実現する能力にはお金を払うのをためらうからです。

私の最低プロデュース料は10万円です。
(細かいことはHPをごらんくださいませ)

これを高いと思うか安いと思うかはお客様次第ですが・・・
たとえば半年先の婚礼を請け負ったとしたら
私の人件費は単純に月に2万円ということになります。

この中には当日のオペレーション費用、アシスタント(介添え)も込みです。
少しお考えいただければご理解いただける金額かちと思います。

では、ホテル・会場の見積りはいかがでしょう?

商売で物を売って儲けるということは

販売価格-仕入れ価格=利益

という計算式で表現できます。
しかし物事には適正価格というものがあります。
各企業(婚礼アイテム)様は上代(販売価格)を設定して会場側に提示します。
その上代価格の掛け率が仕入れ価格になるのです。

仮に10000円のお花、80%掛け率 ですと仕入れ価格は8000円
差額の2,000円が利益になります。

しかし8,000円で仕入れた価格を
会場側自由に設定して20,000円で販売したらいかがでしょう?
利益は12,000円になりますが

お客様の目はきっと
「え?これが20,000円のお花なん?」
となるでしょうし・・・フラワー販売店側も
「いや~これは10,000円なんだけどなぁ」
と言えるはずもなく・・・・イメージのギャップが生じてしまいます。

しかしこの搾取のシステムを全面的に否定するつもりはありません。
会場側には、われわれとは違って
「会場」というハードをメンテしていく必要があるわけですから
「維持する」ということではいたしかたないことでしょう。

この見積り金額の差をお客様がどのように受け止めてくださるかはそれぞれです。

お二人でジャッジできないこと相談してみるのも解決の糸口です。

ワンポイントアドバイス

会場やアイテムなど相手に連絡する前に
まずはプランナーさんに相談する!

会場側は、お客様から先に連絡があったのか?プロデュース側からなのか?
これによってお客様の担当が変わってしまいます。

例えば、気に入った会場があって自分で電話をして
下見に行きプロデュース会社に連絡した場合は

お客様は会場側の顧客になります。
プロデュース側が主導権を握れなくなり
さまざまな特典を受けられない場合も出てきます。

もちろん会場側の顧客だから知らんプリするプロデュース会社はありません。
(少なくとも僕の周りのプロデュース会社にそんな人はいません)

特典を受けられないというのは、見積りにもはね返ってくる場合もあります。

情報がすぐ手に入るからと安心されている方も多いですが
表に出ない情報もたくさんあります。

これは、プランナーを目指す方にも言えることで
身近にブライダル業界の人がいるのなら
ひとりで判断せずにまずは相談されることをお薦めいたします。

また、ウエディングスクールの選び方として
本当にこの業界に精通している講師陣をそろえているか?
それを充分調べることだと思います。

では、今回はこの辺で!




大阪のウエディングプランナー【リプランニング】
 お役にたてばポチッとね♪


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/668-8950aadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。