無料ホームページ ブログ(blog)
大阪,神戸,京都,奈良のフリーランスウエディングプランナー、リプランニング。レストランウエディング、格安挙式、沖縄リゾート婚、ウエディングプロデュースはお任せ下さい。 家族と行く沖縄フリーランスウエディングプランナーのブログ ミステリーは好きですか? 容疑者Xの献身
大阪,神戸,京都,奈良,沖縄のウェディングプランナー。格安挙式、レストランウエディングをご提案しています。
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
僕はミステリーが大好きです。

ラストで

え~~~~~~!!!!

と声をあげて最初のページに戻り

「う~む、やられたなぁ」と言わされる作品が特に好きです。

テレビの「ガリレオ」シリーズは見ていました。
1話完結でそれなりに楽しんでいました。
今回この作品が映画化されるということで

まぁ「踊る大走査線」「相棒」「アンフェア」に似た展開なんだろうなと思っていました。

東野圭吾の作品は結構ドラマ化されていて
何作か見ましたが・・・まぁそれなりにって感じでした。

なので原作本は避けていたのかもしれません。

しかし今回は2006年のこのミス1位の作品でもあるし
文庫化されたし・・・どれ読んでみるかぁ・・・と、軽い気持ちでしたが。

いや~久しぶりの一気読みです。
止まりませんでした。

まさしく・・・

え~~~~~~!!!!

でした。

綾辻行人 「十角館の殺人」
筒井康隆 「ロートレック荘殺人事件」
島田荘司 「星占術殺人事件」

依頼の衝撃でした。
島田荘司の作品も最後のトリックであろう!と言われましたが・・・。
それを超えたかもしれません。

ミステリーファンからはきっと賛否両論でしょうけどね

ただこの作品は単なるミステリーで片付けられない気がします。
泣けます・・・タイトルの意味も・・・

x.jpeg

まだ読んでいない人、映画には行こうと思ってる人。
なんなん?と、気になった人。
是非原作を読まれることをお薦めいたします。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cafedonguri.blog12.fc2.com/tb.php/675-a30a6388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。